注文住宅の予算はやっぱり高い?

注文住宅に必要な資金は?建売住宅との差

土地代が別の注文住宅を建てる際に必要な資金は全国平均で約3,500万円、土地付きの注文住宅を建てる際に必要な資金は全国平均で約4,300万円とされています。一方で、建売住宅を建てる際に必要な資金の全国平均は約3,500万円です。建売住宅の場合は土地代も込みの金額になるため、土地代を考える必要はありません。住宅は予算に合わせて建てられたり購入されたりするため、予算と必要資金は比例関係にあると考えられます。したがって、建売住宅よりも注文住宅の方が予算は高い傾向にあるでしょう。しかし注文住宅であっても、その広さやデザイン、材料などによっては1,000万円台から建てられるものもあります。注文住宅だからといって、予算が高いとは一概にいえないでしょう。

注文住宅が高くなりやすい理由は?

注文住宅は自由度が高く間取りやデザインを自分好みにできるため、価格が高くなりやすいです。また、土地を購入する場合は土地代も上乗せされた価格となります。建売住宅の場合は、ハウスメーカーや工務店などが決められた土地に、決められた間取りやデザインで住宅を建てます。そのため同じ広さであれば、価格を注文住宅より抑えて建てることが可能です。同じ予算で広い住宅に住みたい方は建売住宅を、間取りやデザインにこだわった住宅に住みたい方は注文住宅を選択するとよいでしょう。広さもデザインもこだわった注文住宅を建てたい場合は、その分予算も高くなります。返済プランや住宅の維持費なども考えて、今後の生活に支障をきたさないような予算設定をおすすめします。