注文住宅のデメリットは?

注文住宅はメリットだけではない

「家を建てるなら自分好みのものにしたい」誰もが持つそんな素直な気持ちを実現させてくれるため、注文住宅は人気があります。しかし、自由度が高い反面、そのデメリットも小さくありません。注文住宅をオーダーしようとしているなら、決心する前にデメリットについても考えておきましょう。

注文住宅は、土地取得から建築契約の工程までが煩雑です。手続きが嫌にならないように、入居までの日程表や計画を立てて挑むことが大切です。また、入居までの期間が長いことも知っておく必要があります。注文受託は契約に至るまでに1カ月から2カ月、さらに上棟から入居まで2カ月から3カ月かかります。土地探しの期間を含めれば半年以上の時間が必要なことも珍しくありません。現在住んでいる住居が賃貸であるなら、契約期間には注意が必要です。

アイデアをしっかりと詰めておくことが大切

自分の希望を形にできることは大きなデメリットにもなります。余分な要望を付け加えてしまい、予算をオーバーするリスクが発生するからです。余分な機能は、家の設計を台無しにしかねません。予算内に納めて住みやすい家にするためには、絶対にゆずれないポイントを明らかにすることが大切です。

しかし、実際に家の設計が上手くいっているかどうかを、図面だけで判断することは簡単ではありません。もし建築パースの作成が依頼できるのであれば、多少コストが高くなってもお願いしましょう。設計が上手くいっているかどうかが判断しやすくなります。また、思ってもいない費用がかかることも注文住宅のデメリットです。例えば郊外に注文住宅を建てた場合、上下水道の引き込み費用が余分に発生する場合があります。このような費用に対応できるように、資金には余裕をもたせておくようにしましょう。