分譲住宅の予算は注文住宅と比べると安い?

分譲住宅は注文住宅より安いと言われる理由

一般的に分譲住宅の方が注文住宅より安いと言われています。その理由として、まず設計にかける人件費を抑えられる事が挙げられます。そもそも建築物を設計するには、施主の要望や土地条件などを考慮しながらプランニングしていかなければいけません。しかし分譲住宅はプランを規格化しているため、設計の手間も省けるのです。また分譲住宅は複数棟の住宅を同時販売するケースが大半ですが、相場より安く土地や建築資材、設備を仕入れてます。さらに建築工事が始まった際は、職人や下請けなどの手配、工事進捗の確認、施工不具合がないかのチェックなども複数棟を同時進行で行えます。その結果、現場管理や施工監理に携わる人件費を抑えられ、かつ工期も短縮できるので、コスト削減が出来るという訳です。

費用を抑えて大手ハウスメーカーの家を購入したいなら

注文住宅でも格安で家を建てることは可能です。いわゆるローコスト住宅と呼ばれるもので、材料や設備を大量に仕入れる、現場での組み立てを省力化する、部屋数を減らして設備や建具をコストカット、大々的に宣伝しないなどの工夫によって、安い注文住宅を実現させているのです。特に小・中規模ハウスメーカーは大手ハウスメーカーよりも広告宣伝費を掛けておらず、またローコストに家を建築するためのノウハウを知り尽くしているので、メーカーにこだわりが無い人にはメリットが大きいと感じるかもしれません。 一方、家を買うなら大手ハウスメーカーでなければ嫌という場合は、注文住宅より分譲住宅の方が費用は抑えられます。自由に間取りやデザインが決められないというデメリットはありますが、探せば分譲住宅の中にも自分が理想とするクオリティの物件があるかもしれません。